保険の種類や各保険会社の特徴などをご紹介しています。

保険には入るべき?

保険の相談をする女性

人生100年時代と言われる現代日本。
医療の発達により数十年前よりも平均寿命がぐんと上がりましたが、ずっと健康で安全に過ごせるとは限りません。
時には病気事故、あるいは災害に巻き込まれてしまうかもしれません。
このようなトラブルがあったときに心強い味方となるのが保険です。

 

保険と一口に言っても、様々な保険会社・商品が存在します。
その中から自分に合った保険に加入することで、より豊かで安全な暮らしができるようになります。

 

私たちのが生きる現代はどんどん多様化し、情報が溢れていきますが、いつの時代も保険は人々の人生の支えであることに変わりはありません。

 

 

保険の種類とその内容について

保険と聞くとけがや病気のためのものというイメージが強いかもしれませんが、実は保険の種類は様々。
主に下記のようなものがあります。

 

生命保険 がん保険、医療保険、介護保険、終身保険、定期保険、養老保険
損害保険 家財保険、地震保険、火災保険、自動車保険、自賠保険、傷害保険

 

損害保険というのは、自然災害などの影響によって損害を受けた場合の保証をしてくれる保険のことをいいます。
この保険の特徴は、生命保険と違って損害額によって決定する、というところです。

 

生命保険というのは病気または怪我、もしくは死亡などによって一定の収入を保つことが出来ない、または長期の入院等をカバーする為のものです。
この保険の特徴は一定期間常に決められた金額を支払います。
それにより、万が一の場合も手術費を含めた医療費等を補償してもらうことが出来ます。

 

 

保険は「万が一」の備え

保険で安心した女性

保険なんて必要ないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、独身の場合でも家族を持っている場合でも、もしもトラブルが発生した時に安心できる体制を整えておくことが一番大切です。

 

病気、怪我、事故、これらは誰にもいつ・どんなときに起きるかは予想できませんが、「何かあっても備えがあるから大丈夫」という状態にしておくことで人生をより楽しむことが出来ます。

 

保険の支払い金額は、その人自身の収入や環境に合わせてプランを組むことが可能なので毎月の支払いを圧迫するということはありません。
支払額と保証内容のバランスが取れた保険に入れば、無理なく継続しながら万が一の時の備えができるのです。

 

 

保険に入っていないとどうなる?

保険未加入でお金に困る女性

保険に入っていない場合にもしもの時大変なのが、支払いです。
一定期間の収入が維持できない、または支払えないとなると、治療費などで家計が圧迫され、これまで通りの生活がままならなくなってしまいます。

 

保険に加入をしておくことでこのようなリスクを大幅に減らすことができます。
万が一のことがあっても今までの生活と変わることなく、安心の暮らしを維持することができます。

 

後々保険に加入しておけばよかったと後悔する人もいまだに多いですが、プランナーに相談すれば自分に合った保険が簡単に見つかるような時代です。
まずは気軽に相談をしてみること、問い合わせ資料請求をして比較をしてみることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

保険に入っていることで万が一の備えがあるということは、生きていく上で「強み」になります。
金銭面での不安が軽減されるのは心の余裕にも繋がります。
掛け捨てになったらもったいない、とも思うかもしれませんが、お金で安心を買っているとも考えることができます。

 

1度きりの人生を快適に過ごすには、保険は必要不可欠。
入っておけば良かった!」なんて後悔しないためにも、まずは自分に合った保険を探すことから始めてみましょう。

TOPへ